トヨタのサブスクリプション【KINTO ONE/キントワン】メリット・デメリットとは?|口コミ評判まで徹底検証

トヨタのサブスクリプション【KINTO ONE/キントワン】メリット・デメリットとは?|口コミ評判まで徹底検証

トヨタのサブスクリプション【KINTO ONE/キントワン】メリット・デメリットとは?|口コミ評判まで徹底検証

トヨタのサブスクリプション【KINTO ONE/キントワン】メリット・デメリットとは?|口コミ評判まで徹底検証

 

トヨタのサブスク【KINTO ONE/キント ワン】とは?

KINTO ONEとは

キントワン【KINTO ONE】はトヨタやレクサスの新車に、頭金0円・月々定額で乗ることができるサブスクリプションサービス(個人向けカーリース)です。

プランは、3年・5年・7年いずれかの契約期間から選ぶことができます。※トヨタは3年/5年/7年、レクサスは3年のみ

今回はKINTO ONEのサービスについて、メリット・デメリットを検証していきます。

KINTO ONEの仕組み

KINTO ONEの仕組み

出展:KINTO ONEとは|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから

KINTO ONEでは、車両本体価格をはじめとして、自動車税やメンテナンス費用・自賠責保険料・任意保険などの車両維持費が月々の利用料(リース料)に平準化されているため、定額で新車に乗ることができます。頭金も不要なので、初期費用の心配もありません。
レンタカーと何が違うの?
レンタカーは、限られたレンタカー車両の中から自分が使うタイプの車種と期間(短期間)を選んで利用する乗り方です。一方、カーリースは、乗りたい車をリース会社に購入してもらい、一定期間(5~9年程度)借り受けるサービスとなります。だから、マイカーを購入するのと同じように、好きな車を選べるし、自由に使うことができるのです。ナンバープレートも「わ」ナンバーではありません。希望ナンバーの取得もOKです。

 

自動車ローンや残価クレジットとの違いは?
分割払いという点では同じですが、細かな支払いのところで違いがあります。定期不定期に発生する自動車税・重量税・自賠責保険などの諸費用について、リースでは毎月のリース料に含まれていますが、ローンやクレジットには含まれていません。

 

車両本体価格・オプション代・登録諸費用・自動車税種別割・環境性能割・自動車重量税・自賠責保険料・メンテナンス・故障修理代・代車代・任意保険(自動車保険)
駐車場代、ガソリン代など

対象車種はトヨタ車とレクサス限定、7年契約・ボーナス払い併用にすると、トヨタのパッソなら月々11,220円(税込)から乗ることができます。

もちろんボーナス払いなしの、月々完全均等払いにすることも可能です。

KINTO リース料サンプル

掲載料金は1ヶ月当たりの利用料(税込)

出展: クルマをみる 全てのラインアップ|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから

 

 

 

 

KINTO ONE/キントワンのメリットとデメリット

スマボのメリットとデメリット

KINTO ONEのメリット

①月々定額でトヨタ・レクサスの新車に乗れる

トヨタ車のカーリース(車サブスクリプション)としては、他社のサービスと比べても月額のコストは安く抑えられています。

3年契約でどのくらいのコストメリットが出るのかシミュレーションしてみます。

 

トヨタ アクアの場合

アクア

アクア S 1.5L 2WD 5人乗り

設定条件

リース期間:3年(36ヶ月)

月間走行距離:~1,500km

オプション:カーナビゲ―ション、ETC車載器、フロアマット

ボディカラー:スーパーホワイトⅡ

レンタカー代:オリックスレンタカーの基本プラン料金

任意保険:ソニー損保(ノンフリート6等級・ゴールド免許・運転者限定無し・30歳以上)

自動車保険 詳細
※リース車両費用特約の適用無し自動車保険 アクア
コストシミュレーション
kinto ロゴ

KINTO ONE(スタンダードパッケージ)

定額カルモくん ロゴ

定額カルモくん(ゴールドメンテプラン)

コスモマイカーリース

コスモマイカーリース(ゴールドメンテパック)

車両代金・オプション代
税金・登録費用
自賠責保険料
自動車保険(任意保険)

+382,590円

3年間の保険料

+382,590円

3年間の保険料

メンテナンス費用
代車費用

+16,500円

法定12ヶ月点検時の半日レンタカー代(2回分)

+16,500円

法定12ヶ月点検時の半日レンタカー代(2回分)

月間の固定費月額43,450円(税込)月額57,882円(税込)月額60,170円(税込)
3年間の総コスト1,564,200円(税込)2,482,842円(税込)2,565,210円(税込)

 

 

トヨタ プリウスの場合

プリウス

プリウス S 1.8L 2WD 5人乗り

設定条件

リース期間:3年(36ヶ月)

月間走行距離:~1,500km

オプション:カーナビゲ―ション、ETC車載器、フロアマット

ボディカラー:シルバーメタリック

レンタカー代:オリックスレンタカーの基本プラン料金

任意保険:ソニー損保(ノンフリート6等級・ゴールド免許・運転者限定無し・30歳以上)

自動車保険 詳細
※リース車両費用特約の適用無し自動車保険 プリウス
コストシミュレーション
kinto ロゴ

KINTO ONE(スタンダードパッケージ)

定額カルモくん ロゴ

定額カルモくん(ゴールドメンテプラン)

コスモマイカーリース

コスモマイカーリース(ゴールドメンテパック)

車両代金・オプション代
税金・登録費用
自賠責保険料
自動車保険(任意保険)

+371,190円

3年間の保険料

+371,190円

3年間の保険料

メンテナンス費用
代車費用

+19,800円

法定12ヶ月点検時の半日レンタカー代(2回分)

+19,800円

法定12ヶ月点検時の半日レンタカー代(2回分)

月間の固定費月額53,680円(税込)月額70,235円(税込)月額60,170円(税込)
3年間の総コスト1,932,480円(税込)2,919,450円(税込)2,565,210円(税込)

 

 

 

トヨタ ハリアーの場合

ハリアー

ハリアー PREMIUM GAS 2.0L 2WD 5人乗り

設定条件

リース期間:3年(36ヶ月)

月間走行距離:~1,500km

オプション:カーナビゲ―ション、ETC車載器、フロアマット

ボディカラー:ブラック

レンタカー代:オリックスレンタカーの基本プラン料金

任意保険:ソニー損保(ノンフリート6等級・ゴールド免許・運転者限定無し・30歳以上)

自動車保険 詳細
※リース車両費用特約の適用無し自動車保険 ハリアー
コストシミュレーション
kinto ロゴ

KINTO ONE(スタンダードパッケージ)

定額カルモくん ロゴ

定額カルモくん(ゴールドメンテプラン)

コスモマイカーリース

コスモマイカーリース(ゴールドメンテパック)

車両代金・オプション代
税金・登録費用
自賠責保険料
自動車保険(任意保険)

+479,040円

3年間の保険料

+479,040円

3年間の保険料

メンテナンス費用

+208,800円

相場金額(メンテプラン対象外)

代車費用

+24,200円

法定12ヶ月点検時の半日レンタカー代(2回分)

+24,200円

法定12ヶ月点検時の半日レンタカー代(2回分)

月間の固定費月額65,780円(税込)月額67,375円(税込)月額87,560円(税込)
3年間の総コスト2,368,080円(税込)3,137,450円(税込)3,655,400円(税込)

 

②月々定額の利用料に諸費用がコミコミ

オートローンでは頭金の支払いが条件になることもありますが、KINTO ONEは頭金0円でOK、初期コストほぼゼロで車を手に入れることができます。

月々の支払いには、車両本体価格をはじめとして、自動車税やメンテナンス費用・自賠責保険料・任意保険などの車両維持費が平準化されているため、追加のコストとしては、ガソリン代や駐車場代程度に収めることができます。

レンタカーとは違い、車検証上の使用者名義をユーザー名で登録するため、「わ」ナンバーにはなりません

kinto one 仕組み

出展:KINTO ONEとは|【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから

 

③のりかえGOで、契約途中でもほかの車に乗り換え可能

「のりかえGO」は、ライフスタイルに合わせて最適なクルマに乗れるよう、割安な手数料で別プランに乗り換えができるKINTO ONE(トヨタ車)のサービスです。

3年プランは契約から1年半後、5年/7年プランは3年後以降、好きなタイミングで乗り換えることができます。

車を所有することなく、常に最新のモデルや安全装備が付いた車種に乗り続けることができます。

のりかえGO について

出展:のりかえGOについて | 【KINTO】クルマのサブスク、トヨタから

 

 

KINTO ONEのデメリット

①契約期間の途中で解約(車を返却)すると、違約金が発生

KINTO ONEは6ヶ月ごとに契約が自動更新される仕組みになっています。

中途解約の際は、6ヶ月ごとの残利用料+追加精算金を支払うことになります。

(例)3年プランのRAIZE 月額39,820円(税込)で契約し、18ヶ月で解約する場合

残利用料が月額利用料3ヶ月分になるため、中途解約金は119,460円(税込)となります。 ※返却された車両の状態によっては特約精算金が必要になることもあります。詳しくはデメリット②で解説します

契約期間中に死亡・免許返納・海外転勤等で運転困難や使用困難となった場合、所定の書類の提出等の必要な手続きを実施のうえ、車両返却(車両状態によっては特約精算金をお支払い)することで中途解約金なしで解約が可能

 

②既定の上限走行距離をオーバーすると追加料金が発生

KINTO ONEの契約は、リース契約でいうところの「クローズドエンド」という契約方式に分類されます。

 

用語解説

オープンエンド・リース……残価の価格を公開(オープン)する契約のため、オープンエンドと呼ばれます。リース契約満了時に、物件(車両)の残存価格を契約当初に設定した額と、満了時点における実勢価格との差額精算を行います。

クローズドエンド・リース……残価の価格を非公開(クローズド)とする契約のため、クローズドエンドと呼ばれます。契約期間満了後、物件(車両)の残存価格を精算しないでリース会社に返却する方式です。ウェブ上で販売されているリースプランのほとんどが、このクローズドエンド・リースに属しています。

 

リース契約では、サービス提供会社が設定した残存価格(契約期間終了時の査定予想額)が、あらかじめ新車価格から差し引かれた上で、月々の支払い額が決まります。

一般的なリース料の計算方法

車両本体価格+登録諸費用+維持費(契約期間中の自動車税・重量税・自賠責保険料など)ー値引きー残存価格/契約月数

 

残存価格の計算には、車種や年式といった情報のほかにも、累積走行距離が大きな指標となります。

この累積走行距離を事前に把握するためにも、リース契約では毎月の上限走行距離が設定されるケースが多くなっており、KINTO ONEでは1,500km設定時における利用料が掲載されています。

利用月数×1,500kmまでは追加料金はありませんが、この制限を超えた場合、超過1kmあたりトヨタ車11円(税込)、レクサス車22円(税込)で計算した金額の支払いが生じます

 

③ 車の価値を下げるような改造はできない

KINTO ONEでは、ユーザーが借り受けた時の状態のままで返却することを前提として契約が締結されます(原状回復の原則)。

よって車に穴を開けたり、違法に改造することはできません。タバコも匂いが残ったり、吸い殻で車内が汚れる可能性があるため不可、ペットの搭乗もNGです

ただし、室内のインテリアを自分好みに飾り付けるぐらいであれば許容の範囲内でしょう。

その場合でも、車を返却する際には、後付けで設置したインテリアや車載器具は事前に車から回収しておいたり、処分しておくことを推奨します。

 

関連記事

車の定額制サービスは、レンタカーに始まって、マイカーリース、カーシェアリング、車サブスクリプションと多岐に渡り、それぞれのサービス内容も多角化しています。今回の記事では、車サブスクリプションをテーマに掲げて、顧客と企業の両方[…]

車サブスクリプションのデメリットとメリット

 

 

KINTO ONE/キントワンの口コミ評判について

スマボの口コミ評判

肯定的な口コミ

否定的な口コミ

 

 

KINTO ONE/キントワンの紹介動画

 

 

KINTO ONE/キントワンをおすすめできるのはこんな人

スマボをおすすめできるのはこんな人

 検討する車種はトヨタかレクサスに限定している人

KINTOで取扱いのある車種は、トヨタとレクサスの車両に限られています。

軽自動車でクルマを考えている方には、残念ですが推奨することはできません。

 年単位で新車に乗り換え続けることに抵抗のない人

KINTOは原則中途解約ができないサービスとなっています。

どうしても解約したい場合は、6ヶ月ごとの契約満了までの残月額利用料と、追加精算金として月額利用料3ヶ月分の支払いが発生します。車も原状回復(契約時の状態)のもので返却しなければなりません。

3年契約の車サブスクリプションとしては他のサービスと比べても割安なKINTOですが、中途解約時のリスクについては十分に注意する必要があります。

 

 クルマの維持費を最大限ワンプライスにして、コストを明確にしたい人

通常のカーリースと異なり、KINTOには自動車保険(任意保険)や代車費用までもが表示価格にコミコミになっているため、車の維持費をさらに明確にすることができます。

サービスに含まれない費用には次のようなものがあります。

燃料代、駐車場代、高速道路通行料、洗車代、事故修理費用、契約者の故意・過失によるトラブル対処費用、タイヤの購入及び装着費用、転居時の陸送費用、契約車両を使用できないことで発生する費用(宿泊費用・休業保障等)、エンジン添加剤など

 

 

 

 

 

トヨタ車のサブスクおすすめランキング

ボルボのサブスクおすすめランキング

  • KINTO ONE (キントワン)
    3.5

    KINTO 

    KINTO ONE (キントワン)はトヨタとレクサスの新車に、月々定額で乗れるサブスクリプションサービスです。毎月の利用料には税金や自賠責保険料だけでなく、任意保険料やメンテナンス料まで含まれています。 契約期間は3年・5年・7年から選択可能で、月間の走行距離制限は1,500km。トヨタ、レクサスの正規販売店でメンテナンスが受けることができます。

  • おトクにマイカー 定額カルモくん
    4.5

    おトクにマイカー 定額カルモくん

    マイカーリースでは業界初にして月々最安クラスの11年リースも。カルモのカーリースは、新車に格安で乗れる、NHKなどでも話題の個人向け自動車リースサービスです。全国産メーカー全車種をラインナップ。税金や自賠責保険料・メンテナンスに至るまで、車の維持費が月々の支払いにぜ~んぶコミコミ!

  • カーリース・オンライン(オリックス自動車)
    5.0

    カーリース・オンライン

    カーリース・オンラインはオリックス自動車のカーリース専門サイトです。ネットで見積りから申込まで簡単にできて月々1万円台から借りることができます!契約期間は5年・7年・9年から選択、月間の上限走行距離は2,000kmですが、契約終了時にそのまま車を貰い受ける場合は、精算が発生しないため実質上限なしとなります。車検とオイル交換が無料になるクーポンが付いてくることも特徴です。

 

スポンサーリンク
>「Worl Done It」feat.「THE THOR (ザ・トール)」

「Worl Done It」feat.「THE THOR (ザ・トール)」

「Worl Done It/ワールダニット」は世界中の文化遺産や文化施設、そのほか生活に役立つ情報をまとめた総合メディアサイトです。
このサイトで使用しているテーマは「THE THOR(ザ・トール)」という有料テーマとなっています。
ザ・トールはSEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。

CTR IMG