ギリシャ

古代神殿と紺碧の絶景【ギリシャ】紀行|写真付きで辿るパルテノン神殿・エーゲ海・メテオラの修道院群

ギリシャ

2019年5月の超大型連休、H.I.Sの海外ツアー「ギリシャ&エジプト2ヶ国8日間」に参加してきました!

ギリシャとエジプトは距離的にも近く、共に世界四大文明に数えられています。

古代遺跡好きにはもちろん、ヨーロッパとアフリカを一気に周遊したいという方でも満足できるプランです♪

特にエジプトはそれほど鉄道網が発達していないので、観光は車移動ができるツアーが断然おすすめです。

 

ギリシャ&エジプト周遊ツアー

【ギリシャ・エジプト2ヶ国8日間】のツアー詳細へ

 

空路、イスタンブール空港経由でアテネへ

ギリシャ 地図

トルコの国際航空「ターキッシュエアラインズ」で、成田空港を出発。およそ12時間、半日近くのフライトで、トルコの「イスタンブール空港」に到着。

アテネ行の旅客機に乗り継ぎをし、そこからは約1時間半で、アテネ国際空港空港に到着しました。

イスタンブール空港は非常に綺麗で広々とした空港です! トルコは親日国として真っ先にその名が挙げられるほどの友好国です。日本からは直通便がありますので気軽に行くことができますよ。

 

イスタンブール空港
イスタンブール空港②

トルコの「イスタンブール空港」は欧州圏への乗り継ぎにも多用されている有名な空港です。

ターキッシュエアラインズの機内はとても快適。日本語字幕で映画も見れます。余談ですが、この時初めて「グレイテスト・ショーマン」を見ました。凄く面白い映画ですのでこちらもおすすめです()

 

1日目、アテネ市内観光

世界遺産「パルテノン神殿」の建つアクロポリスの丘へ

アテネに到着するとそのまま観光スタート!

最初はアテネ市内をバスでぐるりと周遊しました。

ギリシャの首都、アテネには古代遺跡と近代的な都市が調和している不思議な光景が広がっています。

近代オリンピックスタジアム近代オリンピックスタジアム
国会議事堂広場に面して建つ重厚な国会議事堂
アレクサンドロス大王の像 アレクサンドロス大王の像
ハドリアヌスの門ハドリアヌスの門

 

 

昼食はアテネ市内の路地裏で。

写真はギリシャ名物「ムサカ」です。ひき肉とジャガイモ、ナスなどの野菜を重ねて焼き上げています。

ムサカ
アテネの裏通り

 

腹ごしらえが終わると、いよいよパルテノン神殿が建つアクロポリスへと向かいます。

 

アクロポリス 入口パルテノン神殿の入口付近の様子
ヘロド・アッティコス音楽堂ヘロド・アッティコス音楽堂

アテネのアクロポリスは高さ70mほどの丘の上に広がる古代ギリシアの神殿です。

パルテノン神殿をはじめとする神殿や劇場・音楽堂などは紀元前5世紀に頃に建設されたと言われています。

 

パルテノン神殿

パルテノン神殿は守護神アテナに捧げられた、古代ギリシア建築の最高峰にして最高傑作。内部の神室には金と象牙を用いた、高さ12mに及ぶアテナ像が置かれていたそうです。

外側は46本の柱で囲まれ、破風やメトープ(浮彫版)には、オリュンポスの神々や神話の場面などの彫刻が施されています。

 

エレクティオン神殿こちらはエレクティオン神殿。複数の神を祀った神殿です
イオニア式の柱エレクティオン神殿の柱はイオニア式。特徴的な渦巻きが目視できます

 

アクロポリスは小高い丘になっているので、このように市内を一望することができます。

展望台からの眺め
アゴラ

 

大理石でできたパルテノン神殿は時間帯によって色が変わったり、夜にはライトアップもされるため、より幻想的な光景を愉しむことができます。

夕方
ライトアップ

2日目、エーゲ海1Dayクルーズ

翌日は、エーゲ海1日クルーズ。エーゲ海に浮かぶ島々を船で巡ります。
クルーズ船
クルーズ船の中
1Dayクルーズはアテネ南部のトロカデロ港から出発し、サロコニス湾に浮かぶイドラ島・ポロス島・エギナ島を巡ります。
上陸した島では散策や買い物を楽しむことができ、船内でも歌や踊りなどのアトラクションを楽しむことができます。
当日は晴天に恵まれました。展望デッキからは澱みのないエーゲの碧い海と水平線が見渡せます。
エーゲ海

イドラ・ポロス島・エギナ島を散策

イドラ島とポロス島の光景。イドラ島では自動車やバイクの乗り入れは禁止されていて、ロバが交通の要となっています。
イドラ島イドラ島
ポロス島ポロス島
エギナ島の光景。ピスタチオの名産地でアイスクリーム店もあります。
アフェア神殿アフェア神殿
アギオス・ネクタリオス修道院アギオス・ネクタリオス修道院
修道院内部修道院の内部

3日目、メテオラ観光ツアー

ギリシアの絶景の一つでもある世界遺産メテオラ。
断崖絶壁に建つ修道院の中には、高さ400もの岩山の上にあるものも。
メテオラのあるカラバンカへは、アテネ市内からバスでおよそ5時間~6時間。かなりの長丁場になるので、日帰りの場合はしっかり準備をしておきましょう。

世界遺産「メテオラ」とは?

”メテオラ”とはギリシャ語で「中空に浮く」という意味です。

特徴的な奇岩の数々は、ピンドス山脈から流れるピニオス川とその支流が軟らかい石灰岩を削り、硬い堆積岩の地層を残すことで約6000万年前にできあがりました。

11世紀頃、ギリシャ正教の修道士たちがメテオラ付近に移住。14世紀にセルビア人がテッサリア地方に侵攻したことを契機に、多くの修道士は岩の頂上に登って修道院を築き、共同生活を始めました
今では6つの修道院が観光名所となっており、修道院の内部では美しいフレスコ画や、共同生活の場を見ることができます。
メテオラの麓
メテオラ①
メテオラ②
メテオラ③
メテオラ④
エジプト紀行録へ続きます♪
関連記事

2019年5月の超大型連休、H.I.Sの海外ツアー「ギリシャ&エジプト2ヶ国8日間」に参加してきました!ギリシャとエジプトは距離的にも近く、共に世界四大文明に数えられています。古代遺跡好きにはもちろん、ヨーロッパとア[…]

エジプト
スポンサーリンク
>「Worl Done It」feat.「THE THOR (ザ・トール)」

「Worl Done It」feat.「THE THOR (ザ・トール)」

「Worl Done It/ワールダニット」は世界中の文化遺産や文化施設、そのほか生活に役立つ情報をまとめた総合メディアサイトです。
このサイトで使用しているテーマは「THE THOR(ザ・トール)」という有料テーマとなっています。
ザ・トールはSEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。

CTR IMG