日本の世界遺産

【富士山-信仰の対象と芸術の源泉-】独自の山岳信仰を育んできた日本最高峰の歴史と見どころを解説

日本の世界遺産

日本の最高峰であり、その名を知らに人はいないであろう富士山。海から山頂まで傾斜面が連なる成層火山としては世界有数の高さを誇ります(3,776m)。

富士山域を中心にして、世界遺産には25の構成資産が登録されています。

古くから畏れ敬われてきた富士山、その周辺で育まれてきた信仰の歴史について学んでみましょう。

 

 

富士山の山岳信仰の概要

富士山

世界遺産登録年:2013年

登録基準

(ⅲ)現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。

(ⅵ)顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)

 

遺産概要

富士山では、山頂や山域、山麓などでの修行や巡礼を通じて、神仏の霊力を獲得し、「擬死再生」を成し遂げようとする独自の文化的伝統が育まれてきました。

活発な火山活動によって噴火を繰り返す富士山に対する畏敬の念は、日本古来の神道思想と結びつき、火山を含む自然との共生を重視する文化を生み出すこととなります。

四季折々に変化する富士山の景観は、多くの文学者や芸術家の創作活動においても重要なモチーフとなってきました。

19世紀江戸時代の芸術家、葛飾北斎や歌川広重らによる浮世絵は、海外にまで影響を及ぼすほどのものとなっています。

近代以前の信仰活動や山岳景観に基づく芸術活動を通じて、富士山は「名山」として世界的な地位を確立しているのです。

 

富士山、遥拝と登拝の歴史

御室神社

古くから噴火を繰り返してきた富士山は、恐ろしくも神秘的な山として「遥拝」の対象とされてきました。

遥拝(ようはい)とは、御神体から離れた場所からその方角に向かい、参拝を行う儀礼で、富士山の場合は山麓から山頂を仰ぎ見る作法が取られます。

富士山の火山活動か活発化した8世紀末、噴火を鎮めるために、火口に鎮座する髪を「浅間大神」として祀り、富士山そのものを神聖視するという独自の信仰が誕生しました。

その後、11世紀に火山活動が休止期に入ると、富士山周辺では日本の山岳信仰と、中国から伝来した密教や道教が融合し、「修験道」の修行が盛んにおこなわれるようになります。

この頃には、御神体である富士山に登りながら祈りをささげる「登拝」も行われるようになり、富士山周辺には多くの修行者や巡礼者が訪れるようになりました。

冨士講の誕生

16世紀から17世紀にかけて、修験道の行者だった長谷川角行は、富士山山麓の人穴に立てこもり、さまざまな苦行や、富士五湖や白糸の滝での水垢離などの修行に明け暮れました。

角行は、不老長寿や無病息災を求める人々の思いにこたえ、のちに「富士講」と呼ばれる富士山信仰の基盤となる組織を創始しました。

18世紀以降になると、富士講は一般の人々の間にも浸透し、登山口では「御師」と呼ばれる人々が巡礼者の宿泊や食事の手配、巡礼路案内を行うようになり、宿泊所としても使用された御師住宅が立ち並ぶ集落も形成されました。

 

世界遺産、富士山。構成資産の概要について

浅間神社

人穴富士講遺跡

長谷川角行が苦行を行い、入滅したとされる風穴「人穴」を中心とする遺跡群。

周辺には富士講信者が造立した約230基の碑塔群が残っています。

 

富士山本宮浅間大社

806年に富士山の噴火を鎮めるよう平城天皇が坂上田村麻呂に命じ、浅間大神(コノハナサクヤヒメノミコト)を祀る神社として創建。

国内各地に存在する浅間神社の総本宮で、現在も東日本を中心に広く信仰されています。

 

北口本宮富士浅間神社

富士山の遥拝所に祀られていた浅間大神を起源とし、1480年に富士山の鳥居が建立、16世紀中ごろに社殿が整備されました。

 

吉田登山口

北麓の北口本宮富士浅間神社から富士山頂の東部に至る登山口。

18世紀以降は「富士講」における登山本道とされました。

 

御師住宅

巡礼者の宿泊や食事の用意、巡礼路の案内などを行った「御師」の住宅跡地。

 

 

まとめ

まとめ

富士山とその信仰から生み出された多様な文化資産は、今なお生きる山岳信仰の文化的伝統を伝えてくれる類のない実例となっています。

登山者によるごみの放置など保存上の課題も増えていることもありますが、後世にまでこの素晴らしい名山の雄姿と伝統が伝えられていくことを願っています。

日本の世界遺産
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>「Worl Done It」feat.「THE THOR (ザ・トール)」

「Worl Done It」feat.「THE THOR (ザ・トール)」

「Worl Done It/ワールダニット」は世界中の文化遺産や文化施設、そのほか生活に役立つ情報をまとめた総合メディアサイトです。
このサイトで使用しているテーマは「THE THOR(ザ・トール)」という有料テーマとなっています。
ザ・トールはSEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。

CTR IMG